« ボトルメールのサービスが終了 | トップページ | 暑中お見舞い »

「たのしいCocoaプログラミング」を読んでいます。

先週末にAmazonから届いた「たのしいCocoaプログラミング」を読みながらプログラミングの基礎に挑戦中。著者はシイラの開発者、木下氏です。

たのしいCocoaプログラミング

マイナーとはいえ、これまでにもMac OS X用のプログラミングガイド本というのはいくつも存在していて、検索すると、ヒレガス本とか、荻原本とか通称されるものが評価が高いようですけど、どちらも、ある程度、プログラミングの経験がある人向けなようで、私のようなまったく経験がない人間にとってはちょっと敷居が高く感じたものでした。

この「たのしいCocoaプログラミング」は、「はじめに」にあるように、プログラミングの経験はあるけどMacでは初めて、の人だけでなく、ほんとうにプログラミングが初めての人も視野に入れて書かれています。Cocoaプログラミングとはどういうことなのかや、オブジェクト指向の解説もちろん、Cocoaプログラミングに必要になるCの知識と文法も必要な分を基礎から解説されています。

私はというと、5~6行の簡単なAppleScriptさえもヒーヒーいいながら、検索を駆使して情報を得てやっと完成させる、いやそれでも完成できないこともある、そんな永遠の初心者なんですけど、現在までに、二章を通しで読み進めて、あとパラパラと後半の部分部分を拾い読みしていますが、なんとかついてゆけそうな雰囲気です。いや、これから先、努力さえすれば、ですが。とにかく、初心者も投げ出さないで、読み通そうという気にさせる造りになっています。

本文のチュートリアルに倣って、サンプルアプリケーションを作ってみました。もちろんHello World!から。
Hello World! Cocoa
はじめの一歩。こんにちは世界。

自由にプログラミングが出来るようになるにはまだまだ遠い、というか、正直私には無理だと思うんですけど(笑)、そんな人間にも、Macって、コンピュータって、内部でこういう風になっているのかということを教えてくれる楽しい本です。もうちょっと詳しくMacのことを知りたいと思っている人にもお勧めします。

linkたのしいCocoaプログラミング

linkHMDT 著者の木下氏のサイト

|

« ボトルメールのサービスが終了 | トップページ | 暑中お見舞い »

「Mac」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。