« iTunes アカウント認証のパネル問題、解決! | トップページ | ボトルメールのサービスが終了 »

「ネットで人生、変わりましたか?」を読みました。

先週初め、Amazonから注文していた「ネットで人生、変わりましたか?」が届きました。IT系ニュースサイトITmediaでの不定期連載記事「ITはいま」を岡田有花記者の記事を中心にまとめたものです。

linkネットで人生、変わりましたか?

ネットで人生、変わりましたか?

ざっと読んだのですが、結論からいいますと、面白かったです。

どうしても技術関連に偏りがちなIT関連のニュースですが、その「中の人」に着目して、インタビューし、まとめた記事を集めた本書は、なかなか貴重な存在だと思います。記事の中で出てくる人は、ネットの世界では著名な方もいれば、全くの無名な人も。ネットで、何かが変わり、何かが変わらなかった人たち、です。

私はIT戦士リンク集というページを運営していることもあり、ここ数年のITmediaの国内記事、特に岡田記者の記事はだいたい目を通しています。リンクをたどれば、過去の記事も読めるわけで、本書を読む前には、今更書籍という形で読まなくてもいいのでは……、と考えなくもなかったのですが、いやいや、それは間違いでした。

「安易にWebの記事をまとめただけの本」と思わなかったのは、丁寧な編集もさることながら、コメントの存在が大きいのでしょう。全記事の最後にコメントと題されて、後日談や取材の際のエピソードなどが記載されています。これがかなりの分量があり、ほとんどの記事を読んだ覚えがある自分にも、興味深く読めました。

インタビューで「人見知りで、電話や対面コミュニケーションが苦手」で、「私はネットがなければ記者になれなかったでしょうから」と述べる岡田記者ですが、こうして、まとまった形で記事を読むと、記者としてのキャリアを着実に積んでいることがわかります。

この本では、記事は年代ごとに章に分かれて、基本的には日付順に並んでいるのですが、章の終わりの記事は、恒例のクリスマス企画記事で締められています。ええ、そっちの方の体を張ったネタ記事を求めている人にも期待を裏切らないでしょう。

この本のターゲットは、私のように「岡田有花」という名前にピンとくる人たちなのでしょうけど、むしろ、著者の名前を聞いても思い当たらず、そして普段ネットとも無縁ではないにしろ、薄い付き合い方をして興味がないような、そんな方々にこそ読んでもらいたい、そう思う一冊です。

|

« iTunes アカウント認証のパネル問題、解決! | トップページ | ボトルメールのサービスが終了 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。