« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の記事

台風一過の夕暮れ

台風が過ぎた日の夕暮れって、なんでこんなに綺麗なんでしょう。人間に迷惑をかけたことを詫びての置き土産とか。

台風一過

そういえば、以前にも台風が過ぎ去った後の夕焼け空を撮影したのですが、あのときも素晴らしい夕暮れの景色を見せてくれました。ちょうど一年前ですね。

例によって、数枚の写真を継ぎ合わせたパノラマなので、目を凝らすと継ぎ目が見えるわけですが、今回は継ぎ目愛好家のために、あえて、切り取らず重ねた部分がわかる形で公開しました。存分にお楽しみください。

| | コメント (0)

iTunes7と.itcファイル

iTunesが7にバージョンアップしました。これまでと仕様が変更されたり、新しい機能がついたりといろいろあるんですけど、目立つ新機能といったら、CoverFlowがついたことでしょうか。Macユーザーならば知っている人も多い、最近評判のフリーウェアでしたけど、どうやらAppleが権利を買収したようですね。

060914_itunes01
アイコンの色が変わったので、最初、iTunes2かと思いました。でも、比べてみると結構違う。

それに伴い、自分でエンコードしたCDのアートワークをiTS(iTunes Store)からダウンロードできるようになったことも大きい変更点。

もっとも、iTSで扱ってない曲のアートワークは当然無い訳で……。日本のiTSは大手のレーベルが参入してないので、邦楽はあまり期待できなさそうです。

iTunesのライブラリ内、OS Xでのデフォルトだと~/Music/iTunes/内にAlbum Artworkというフォルダができていました。この中にはDownloadとLocalというフォルダがあり、Downloadは、iTSからダウンロードされたアートワーク用で、Localは、どうやら自分で貼付けた、またはiTSで購入して付いていたアートワークのCoverFlow用のキャッシュのようです。

これらのフォルダの階層をたどってゆくと、半角英数が羅列するファイル名の.itcという拡張子のファイルが見えます。

実は先日、TBBOYさんのウェブログTBBOY'S ROOMで、TBBOY'S ROOM: iTunesのアートワークを.jpgや.pngに変換という記事を読んでいて(iTunesで選択したファイルからアートワークを抜き出すAppleScriptが公開されてます。とても便利。)、その中に

肝の部分は、アートワークのデータを先頭から222バイト削っていること。これだけでJPEGやPNGになる模様。先頭の222バイトのデータがなんなのかは不明。

という箇所があって、今回、.itcファイルという形で保存されるファイルを見ていたらピンときて、適当に.itcファイルをバイナリエディタのHexEditで開いて、先頭から222バイト492バイト削除して別名で保存してみたら、やはり、JPEGやPNGの画像ファイルとして開けるようになりました。

060914_itunes02
HeXEditで削除する222バイト492バイトを選択。

222バイト492バイトの判別は簡単で、先頭から最後に文字領域でdataと表示されるところ(64 61 74 61)までを選択して削除すればOK。削除したら、別名で保存を選択し、JPEGかPNGの拡張子を付けて保存。JPEGかPNGかは、文字列にJFIF(JPEG)かPNGf(PNG)と入っているのでそれで判別します。

060914_itunes03
これはJPEGファイル。

アートワークですが、すべてをチェックした訳ではないのですが、Localフォルダにあるものはサイズが最大で400*400ピクセル、Downloadのものは、私の環境だとダウンロードしたのが一つしかないのですが(笑)、それは320*320ピクセルでした。解像度は72dpi(なぜかLocal内のものは72.009dpi)。

購入した曲に付いてくるアートワークは600*600ピクセルなので、それよりは小さいけど、CoverFlow用としては、これで十分という判断なのでしょうねえ。

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11779775

追記 2006/09/14:
先ほど試したら、ほかのいくつかの曲のアートワークが、やっとダウンロードできました。
それらを見てみるとDownloadフォルダ内の.itcファイルから抜き出したファイルも、曲のファイル内に埋め込まれたファイルも600*600ピクセルでした。たまたま、昨日ダウンロードできたものが320*320のサイズだったようです。

追記 2006/09/20:
コメント欄でenjoy.middleさんが指摘された通り、.itcファイルの場合、削除するのは、先頭から222バイトではなく、492バイトでした。お詫びして訂正します。

| | コメント (6)

危険な萌えマンガ

以前からこっそりと読んでいた高橋智子さんのウェブログ、テレビばっかり見てるよこの人。をチェックしていたら、なんと、高橋さん、水虫になってしまわれたそうです。

水虫は完治に時間がかかると聞きます。なかなかたいへんなわけですけど、高橋さんの場合、それをきっかけに水虫の萌え化に着手したというのがスゴい。

萌水虫の絵を描いたら好評をいただきまして(ありがとうございます!)調子こいてこんなマンガ描いてみました。
linkみずむしになってしまいました…

それが以下のリンク先のマンガなのですが……。

linkみじゅむち

ヤバい。萌水虫がかわいすぎます。坂田靖子さんのマンガにでてくるキャラクターを彷彿とさせる感じで、こういうのに弱いんです。

読んだ後「これなら水虫になってもいいかな……」とちょっと思ってしまいました。いや、もしこんなのがうちに来るのであれば、率先して水虫になるね。

病気の萠え擬人化は大変危険ですので、萌え化能力のある方は手を出さないようお願い致します。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »