« NewsFire 1.3(v61)がリリース | トップページ | 今年もセブンイレブンでスヌーピーキャンペーン »

パノラマ写真

Photomerge

Photoshop ElementsにはPhotomergeという、複数の画像を合成してパノラマ画像を作る機能があります。複数の画像を指定すると、自動的に画像を分析し、同じ箇所を探し出して合成してくれるのです。この機能はVer.1の頃から備わっているのですが、以前はパノラマ写真に興味などなく、ほとんど使わないままでした。

この機能を積極的に試すようになったのは以前に紹介した『Photoshop Elements なないろマジック』という解説書を購入したのがきっかけでした。(残念ながら、この本はもう絶版のようです)。

この本で面白いのは、パノラマ写真を作る方法としてではなく、全く異なる画像をコラージュする手段としてPhotomergeの使い方を紹介しているところです。もちろんパノラマ用に撮影されていない画像ですから、自動合成はできません。この場合。手動の機能を使って合成してゆきます。普通にレイヤーを使って、複数の画像を合成するのと違って、境目を自動的に綺麗に処理してくれるのですよ。解説を読んだときはなるほど、そういう使い方もあるのかと感心したものです。

で、そうやってコラージュを試しているうちに(以前使っていたサイトのタイトル画像はこれで作りました)、今度は正統的な使い方のパノラマ写真を作るのにも興味が出てきて……、と、まあ遠回りになりましたが、最近では、ちょっとチャンスがあるとパノラマ向けに何枚か写真を撮って、Elementsでせこせことパノラマ写真を作るようになりました。パノラマ向けの撮影といっても特別なことはしておらず、適当に手で構えて、ちょっとずつズラして撮影しているだけです。

Elementsの説明書を読むと、Photomerge向きの写真を撮るには、三脚を使って水平方向にカメラをズラしながら云々……、とちょっと面倒くさそうなことが記されてます。

面倒くさがりの私がわざわざそんな撮影をする訳も無く、上記のように適当にやってます。当然、撮影された写真はズレも大きいのですが、そんな画像でも意外と自動的に判定がされて合成してくれます。自動的に合成できなかった場合でも手動でできますしね。ちょっと面倒ですが。

欲を言えば、手動の際の調整機能の操作性がもうちょっと良いと嬉しいんですけど。お手軽に写真を繋げることを目的とした機能として、あまり多くは期待せずに割り切って使うのがいいのかな。

パノラマ写真というと広がりがある表現が魅力な訳ですが、実はそれよりも作る過程が楽しかったりします。うまく繋がると嬉しくて(笑)。本末転倒ですけど。

上の画像はそうやって最近作ったものです。ちょっとフィルターをかけて画像を歪ませてます。

|

« NewsFire 1.3(v61)がリリース | トップページ | 今年もセブンイレブンでスヌーピーキャンペーン »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。