« ことえりのバグっぽい変換候補 | トップページ | NewsFire 1.3(v61)がリリース »

NewsFire 1.3(v60)がリリース

MacOS X用のスタイリッシュなRSSリーダー、NewsFireの新バージョンがリリースされました。

linkNewsFire. Mac RSS with Style.

バグフィックスのほか、ソーシャルブックマークのdel.icio.usに投稿アプリケーションを介して選択項目を投稿できる機能がついたようです。

今回も英語以外の言語リソースは入っていませんでした。リソースに関わる部分で変更がありましたので、非公式日本語リソースも更新しました。最新の非公式日本語リソースが欲しい方は下記のリンク先からダウンロードしてください。

link勝手にローカライズ

で、ここからは余談なのですが、私はMac OS XのローカライズをするのにAppleGlotを使っているのですが、今回、リソースのバージョンアップするのに、一部がどうしても日本語化されなくてえらい困りました。いざとなれば、新規で全部作り直すという手もあるのですが、今回は新規でリソースを作成しても反映されなくて。

そういうことはこれまでもたまーにあったのですが、よくわからないのが、Interface Builderで各種.nibを開くときちんとリソースは訳されているんですよね。でもアプリケーション内に入れると反映されないという……。

あれこれ錯誤してどうしたかというと、通常のリソースのアップデート用に_OldBase,_OldLoc,_NewBaseをセットして、Initial Passを実行。_NewLoc内にできたリソースをInterface Builderで開いて直接リソースを改訂。Initial Pass時にできる一時ファイルは元になった英語リソース内を参考にいらないファイルを削除。これでなんとかいけました。

|

« ことえりのバグっぽい変換候補 | トップページ | NewsFire 1.3(v61)がリリース »

「Mac」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。