« 春は(なぜか)ゲームの季節 | トップページ | Photoshop Elements 4.0 for Macintosh のスゴい仕様 »

ゲームをやる合間にサイトの更新でも

内容が更新されないのにトップページだけが頻繁に更新されるというのは、駄目なサイトの特徴としてよく挙げられる条件ですが、それはまぎれもなくうちのサイトのことです、ええ。四月に入って、細かな変更を含めたら一体何回変えたやら自分でもよく把握できていません。一体お前は何がしたいのか、何がしたいのか。

ごめんなさい、ごめんなさい。いつも殺風景なサイトだけど、ただちょっとだけオシャレをしてみたかっただけなんだよ。でももう諦めました。画像がドンとあって、メニューもドンとあって、でも800*600でもスクロールは必要じゃないページ作りなんて私には無理なんだよ。しかもトップページとほかのページとのデザインが全然合ってないし。憧れの画像タイトルよ、さようなら。うちはまた普通の殺風景なサイトに戻ります。

トップページのことから話が変わりますが、ちょうど一週間ほど前にサイトの掲示板のCGIを変更しました。定期的に投稿される業者の宣伝投稿をなんとかしたかったのですよ。

個人サイトの掲示板に業者が全く無関係な宣伝投稿をしてくるというのは昔からあることなんだけど、最近はツールを使って大量に投稿してくるようで始末に負えない。私が見ている狭い範囲でも、皆さんかなり被害を受けていて、中にはそれで掲示板を閉鎖したトコロも。

私のサイトではKENTさんのYY-BOARDを利用しているのですが、ちょうど一年ぐらい前から、バージョンアップの度に禁止キーワードや投稿キーなどのスパム対策機能を強化されてます。それだけスパム被害が多くなっているんでしょうねえ……。

最新版での投稿キー機能を有効にすることで、投稿ツールからの自動投稿はかなり防げると思われるんですが、ただ、投稿の際にキーを入力してもらう必要が出るので、個人的にちょっとためらうところがあって。

そこで、見よう見まねで、禁止キーワード機能をちょっとだけ改造して、標準よりもフィルタリングを強化して使っていたのですが、禁止キーワードをこまめに更新することで連続投稿は防げても、最初の投稿は防げないわけです。業者もわかっていて、転送URLなどを使い次々と内容を変えて投稿してくるのでどうしたものかと。

悩んだ末にflatray.comで公開されているYY-BOARD spam 対策改造を利用したところ、ぴたりとスパム投稿が止まりました。同じように悩んでいらっしゃる方は、導入を検討されることをお勧めします。

このspam対策版にはスパムと思われる投稿をログとして記録できる機能があるのですが、このログを見ていると、うちの掲示板がスパム投稿ツールに登録され、それを使って定期的に投稿されているというのがよくわかって憂鬱な気分に。

これでうちの掲示板に限ってはのどかに閑古鳥が鳴く、平和な日々が訪れそうですが、でも業者もそのうちまた対策施してやってくるんだろうなぁ……。

なんとかしてよ、Web2.0。

追記 2006/10/04:
言葉の言い回しを一部修正しました。

|

« 春は(なぜか)ゲームの季節 | トップページ | Photoshop Elements 4.0 for Macintosh のスゴい仕様 »

「サイト運営」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。