« トリノオリンピックのマスコットが素敵 | トップページ | なのれー博士、ホログラムを研究中 »

計算機の秘密

もうすぐアップルの発表会、Macworld - San Francisco 2006が開催されるということで、Mac系の情報サイトや個人ブログなども、新製品の噂などで盛り上がってますが、これから取り上げるのはMacのこととはいえ、そんな話題とぜーんぜん関係ない、無駄なコネタでございます。申し訳ありません。

OSに標準で付いてくる計算機なんですが、この計算機、計算記録を保存できたり、関数電卓になったり、単位の換算できたりと意外に高機能で侮れなかったりしますよね。もっとも私が使うのは、四則計算がほとんどなんですが。

先日、たまたま表示ウインドウで右クリックしてコンテクストメニューを表示したところ『大きな字で表示』などというメニューが。

計算機1

で表示してみたら

計算機2

おお、こんな機能が!画像をこんなに縮小しても問題なく認識できるほど大きく、ハッキリクッキリ。

アドレスブックで、電話番号を大きな字で表示できるのは知っていたんですけど、計算機でできるとは知りませんでした。

うちの場合は、通常常時でも、数字を認識するのに問題はないので、必要はないんですが、表示がかっこいいので、無駄に大きな字で表示して遊んだりしてます。

|

« トリノオリンピックのマスコットが素敵 | トップページ | なのれー博士、ホログラムを研究中 »

「Mac」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。