« 寒い朝 | トップページ | すばらしき小人理論 »

人の夢と記して儚い(はかない)と読む

ほんの二週間前に、この冬の目標を述べたばかりなのですが、今夜、この目標が達成できないことが明らかになりました。

ええ、やってしまいましたよ。先ほどこぼした灯油を拭いて、片付けが終わったところです。部屋が灯油臭くて、この寒いのに換気の為に窓全開です。手はもちろん念入りに洗ったけど、油臭くてなんだかベタベタします。切ない気持ちを紛らわせようと、今気力を振り絞って、この駄文を連ねています。

ささやかな目標も達成できなかった私にとって、残りの冬は余生に過ぎません。もうどうなったっていいんだ。完全にやさぐれモード突入。今、私の目の前に、全世界に向けて核ミサイルを発射するスイッチがあったとしたら、ためらわずに押していることでしょう。

灯油をこぼしたことから話がずれるんですが、なんだかストーブの調子が悪いんですよ。気がつくと謎のエラーが出て消えちゃうんです。買ってからだいぶ経つので、そろそろ買い替えかな。ビデオの故障などと違って、ストーブの不調は、最近話題の石油温風機のリコール問題などを見てもわかるようにシャレにならないので、早めに買い替えた方がいいのでしょうが、余生を生きる身としては、もうどうでもいいです。

もし、このサイトの更新がある日を境にぱたっと止まり、やがて断りも無く消えてしまったとしたら、管理人に何かあったんだなと察してください。

ああ、でも気をつけてくださいね。更新が止まったように見えるのは、管理人に何かが起こったのではなく、核ミサイルによって突然に世界が滅んだことをあなたが認識できずにいるだけなのかもしれませんから。

|

« 寒い朝 | トップページ | すばらしき小人理論 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。