« チキンラーメンMini付きひよこちゃんフタつきマグカップ | トップページ | スヌーピー絵皿入手 »

Tigerを購入

先日の連休最後の日に購入。
本屋に行ったのですが、その本屋の近くにパソコンショップがあり、ちょっと覗くだけのつもりが、ついふらふらと購入してしまいました。
毎年のようにOSのアップデートにつきあうのもなんだし、別に不便がないんだったら毎回アップデートにつきあわなくとも……と、毎回そう思うんですが、結局購入してしまう自分にしょんぼり。

ちょっと調子が悪くて、一部アプリケーションが立ち上がらなかったり、AppleScriptが動かなかったりして、システムを再インストールしようとは思ってたので、ちょうどよかったんだと自分に言い訳したりして。

そんな感じで購入直後は、ちょっとネガティブモードでしたが、バックアップを取って、その日の夜にインストール。現在は、徐々に環境を整えつつあるなか、ここまでの私の感想は、Tiger導入して良かった!(笑)。

Pantherでもそんなに不満はなかったのですが、比べるとTigerの方が全体として動作もきびきびとしていて、快適です。Pantherで気になっていた、Finderの表示に関する不具合(長い間使っているとアイコンが化ける)なども修正されていますし、JaguarからPantherの移行時にはけっこうあった、アプリケーションなどの互換性の問題も、PantherからTigerの移行ではほとんどないみたいです。
Jaguar時代から愛用しているものの、開発が止まったままで、Tigerで使えるか不安だったLunchMenuも問題無く動いてます。

Tigerでの一番の売りである検索機能、Spotlightですが、逆に常にバッググラウンドで働いている訳で、そのパフォーマンスはどうなんだと気になっていたのですが、そんなのは杞憂だったようで、最初索引にちょっと時間がかかったものの、あとは別に問題無し。使ってみると新たな発見があったりしてなかなか面白いですね。

そのSpotlightやDashboardやAutomatorに関しては、また機会があれば述べるとして、ちょこっと気づいたことなどをいくつか。

新しいデスクトップピクチャが追加。
「植物」と「白黒」という新しいジャンルが追加されてます。
「自然」にも新たな画像が追加。どの画像もいい感じです。

Carbonアプリでのフォントの表示が奇麗になった。
普段メインのエディタとしてmiを使っているのですが、アンチエイリアスの掛かりが、Pantherの時に比べて奇麗です。
Cocoaと比べても遜色無いんじゃないかなぁ。

Inkwellがローカライズされた。
手書き入力認識システムInkwellですけど、タブレットを接続したときにシステム環境設定にでてくる設定パネルがやっとローカライズされました。と、言っても、フローティングパネルは未訳ですし、認識してくれるのは、英語、フランス語、ドイツ語だけですけどね。遊ぶ分にはなかなか楽しいですよ。

Chessは相変わらずローカライズされず……。

Finderの情報をみるの挙動が変化。
Pantherまでは、Finderで複数の項目を選択して、メニューから、ファイル→情報をみる(コマンド+i)をやると、複数項目がまとまって一ウインドウに表示されたのですが、Tigerでこれをやると選択した複数分の情報ウインドウが表示されます。
複数項目をまとめて表示したいときは、Optionを押しながら、インスペクタを表示で。
Pantherでもインスペクタ表示はOptionを押しながら情報をみるを選択(Option+コマンド+i)でしたから、こっちの方が確かに統一感は取れているのかも。でも、直感的じゃないなぁ。

|

« チキンラーメンMini付きひよこちゃんフタつきマグカップ | トップページ | スヌーピー絵皿入手 »

「Mac」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。