« Terragenで遊ぶ | トップページ | 流れ星を見よう! »

Adobe製品とフォント

Mac OS9でAdobe製品をインストールすると
システムフォルダ:アプリケーションサポートに
Adobeというフォルダが作成されます。
その中のFontsフォルダにフォントを入れると
Adobeのアプリケーションでそのフォントが使えるようになります。

特にありがたいのが、
システムでは認識しないWindows用のフォントが
使えるようになることです。
認識しないフォントもありますし、互換性も完全ではないようですが
私のような素人にとっては、
単純にWindos用フォントが
Photoshop ElementsやLiveMotionで使えるので重宝してました。

OS XではシステムでWindows用のフォントも認識できるのですが、
システムには入れたくないけど
Photoshop Elementsでは使いたいというフォントもあるので
できればOS 9時代と同じような管理がしたいところです。

Adobe製品をインストールすると、ホーム以下に、
~/Library/Application Support/Adobe/Fonts/
というフォルダができるのですが、
ここにフォントを入れても
少なくともPhotoshop Elementsでは認識してくれません。

そういう仕様なんだと諦めていたのですが、
ホーム以下のLibraryフォルダではなくて、
ボリューム直下の
/Library/Application Support/Adobe/Fonts/へ
フォント入れると認識してくれます。

何故ユーザー毎には認識してくれないのかは
定かではありませんが、
とりあえずシステムにインストールしてないフォントも
使えるようになることが解ったから良し。
(↑結果が出れば、深く追求しないタイプ)

|

« Terragenで遊ぶ | トップページ | 流れ星を見よう! »

「Mac」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。