« ブラウザ搭載のRSS機能 | トップページ | 季節の変わり目に »

RealPlayer 10 for Mac OS X

先日、MacOS X用の
RealPlayer 10の日本語版がリリースされました。
驚き。

なんで驚くのかというと
これまでMac版Realplayerには日本語版がなかったからです。
ずっと英語版を使ってました。
まさか日本語版が出ようとは。

英語版でも再生には困らないとはいえ、
設定画面で慣れない英語と格闘しながら
何の設定なのか読み解く作業をしなくていいのはありがたい。

これはReal日本語法人がMacユーザーを重要視している表れ、
…ではなくて、
単にOS Xではこれまでに比較して、
言語リソースの追加が楽だったからでしょうね。
翻訳自体はWin版のを使い回せばいいわけですし。

今度のRealPlayerはサービスメニュー対応なんですが、
サービスメニューって放っておくと
対応アプリケーションがズラズラと並んで使いにくくなるので
私は、Service Menu Managerを利用して
必要なのだけ表示させるようにしているんですが、
うちの環境では、なぜかRealPlayerを消すことができない。
仕方ないので手動ですることに。

RealPlayerのパッケージを開いて、
(アプリケーションのアイコンをcontrol+クリック
→パッケージの内容を表示)
Contents内にあるinfo.plistをテキストエディタで開いて
<key>NSMenuitem</key>を
<key>NSMenuitem (Disabled)</key>に変更。
再ログイン又は再起動すればサービスから消えているはずです。

で、そうやって苦労して(?)インストールしたRealPlayerを
何に使っているのかと言うと
ラジオ日本オンラインをたまに聞いたりしてます。
ラジオニュースは何か作業しながら聞けるのがいいんですよ。

|

« ブラウザ搭載のRSS機能 | トップページ | 季節の変わり目に »

「Mac」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。