« サイト運営の細々 | トップページ | OS X用RSSリーダー NewsFire »

サービスメニュー使ってますか?

OS Xのメニューバーには
アプリケーション名が記されているメニュー欄に
サービスという項目があります。

OS Xを使い始めた頃には、これなんだろうと気になりながらも
面倒なんで放っておいたんですが、
実はかなり使える機能なんですね。
それが解った今では、欠かせない機能となってます。

簡単にいうと
異なるアプリケーション間で同じデータを利用する機能で
サービスを利用すれば
例えばテキストエディットで選択した語句を
Googleで検索したり、
他のアプリで開くのが簡単にできるようになります。

サービス

ウェブ上を探しても
サービスメニューについての話題があんまりないようなので、
いつかここで簡単な説明と紹介をしたいなと思ってたのですが
詳しく解説しているページを見つけたので
そちらを紹介することにします。

サービス機能を使おう!

上記のページは先ほど公開されたウェブページ作成支援ツール
columnistの解説ページ中のコラムなんですが、
ここを読めばサービスメニューの基本的な使い方が解ると思います。

このページの管理人さんはBrug43さんですが、
上記ページでサービスメニューの解説をしているのはseknさん。

seknさんはClover Diaryなどのオンラインウェアを
サイトで公開されている方で
(上記のcolumnistもseknさん作成)
seknさんの開発したE2JTranserは
まさにサービスメニューを最大限に活用したアプリケーションで
私も利用させてもらってます。

尚、アプリケーションによっては
サービスメニューにメニューが追加されたりしないけど
機能自体は使えることもあるようです。
miやiTextでは使えました。

---------------------------------------------
※(2004/10/30):
リンクを修正しました。

---------------------------------------------
追記(2005/11/03):
リンク先を修正しました。

|

« サイト運営の細々 | トップページ | OS X用RSSリーダー NewsFire »

「Mac」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。