« バレンタインの出来事 | トップページ | チョコレートを封印 »

Adobe Studioが公開

以前から公開準備中となっていた
Adobe Studio(日本語版)が公開されています。

本家では以前から行われていたサービスですが、
少し前にCSシリーズ発売に合わせてリニューアルが行われ、
日本語版がこのたび公開となりました。

しかし、たぶん一番需要が多いだろう(少なくとも自分には)、
Adobe Studio Exchangeは英語版のまま。
これはシステム上仕方ないのかな。
ちょっと残念。

Adobe Studio Exchangeは、ユーザーが作成し、
公開したいと思うプラグインやテンプレートなどを
Adobeのサーバーにアップロードして、
それを他のユーザーがダウンロードできるサービスなのです。
公開されたものは、フリーまたはシェアウェアとして利用可能。
中にはAdobeのスタッフが作成したものもあります。
Adobe製品用Vectorといったところでしょうか。

私は、Photoshop ElementsやLiveMotiont(開発終了)といった
Adobe製品の中でも安物のユーザーなのですが、
安物でもユーザーはユーザーなので
以前からこのサービスを利用させてもらってました。
安物しか買わないのに、無料サービスはしっかり受ける。
嫌なユーザーですね(笑)。

サービスを受けるにはAdobeIDでのログインの必要があります。
AdobeIDは世界共通のようで、
日本のサイトで登録したIDがそのまま使えます。
Adobeユーザーは一度覗いてみても損は無いと思います。

|

« バレンタインの出来事 | トップページ | チョコレートを封印 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。